Viewアレルギー39

おすすめオプション

  • 脳ドック
  • 婦人科検査
  • 経鼻内視鏡検査
  • ロックスインデックス
  • Viewアレルギー39検査
  • 腸内フローラ検査

Viewアレルギー39検査

39項目のアレルギーをまとめてチェック! Viewアレルギー39のご案内

Viewアレルギー39

39の必要なアレルギンに対する特異的IgE測定が 一度の少量の採血でできる新しいアレルギー検査です。

吸入系 その他のアレルゲン
室内塵ヤケヒョウダニ・ハウスダスト1
動物ネコ皮屑・イヌ皮屑
昆虫ガ・ゴキブリ
樹木スギ・ヒノキ・ハンノキ(属)・シラカンバ(属)
イネ科植物カモガヤ・オオアワガエリ
雑草ブタクサ・ヨモギ
真菌アルテルナリア(スズカビ)・アスペルギルス(コウジカビ)・カンジダ・マラセチア(属)
職業性ラテックス
食餌系アレルゲン
卵白オボムコイド
牛乳ミルク
穀類小麦ソバ・米
甲殻類カニエビ
豆類大豆ピーナッツ
肉類鶏肉牛肉豚肉
魚類マグロ・サケサバ
果物キウイリンゴバナナ
その他ゴマ

青文字はアレルギー物質を含む食品の表示義務・推奨食品に関連する項目です。

その不調・・・身近にある様々なアレルゲンが原因かもしれません。

主なアレルゲン

吸入系
  • 室内アレルゲンとして認知度が高まりつつあるガ、ゴキブリ。
  • 春の花粉症の原因となるだけでなく、花粉関連食物アレルギー症候群(PFS)※を合併するこもあるハンノキ(属)、シラ カンバ(属)
  • 春のスギ、ヒノキ、初夏から秋に飛散するカモガヤ、晩夏から秋にかけて飛散するキク科のブタクサ・ヨモギ
  • アトピー性皮膚炎の悪化因子の1つとされるマラセチア(属)、喘息の発症因子・難治化因子となるアスペルギルス
食物系
  • 花粉関連食物アレルギー症候群(PFS)※の代表的な症状誘発食品であるキウイ・リンゴ
  • 特定原材料(表示義務)7品目、卵白、ミルク、小麦、ピーナッツ、ソバ、エビ、カニ
  • 加熱卵摂取可能性の指標となるオボムコイド
  • 仮性アレルゲンによる症状と判別しにくいサバ

※)花粉関連食物アレルギー症候群(PFS)とは
花粉症に合併することが多い食物アレルギーで、口腔粘膜を中心に比較的軽微な症状を発現することから、口腔アレルギー症候群(OAS)とも呼ばれています。

Viewアレルギー39は、問診や臨床所見からアレルゲンの推定が難しい方に有用です。
アレルギー度チェックシート
  • □ 決まった季節に目のかゆみ、充血、くしゃみ、鼻水がでる。
  • □ 掃除、衣替えなどをすると目のかゆみ、くしゃみ、鼻水がでる。
  • □ 肌が乾燥しやすく、湿疹ができやすい、荒れやすい。
  • □ ちょっとした刺激で肌が赤くなりやすい。
  • □ ひじやひざの裏など屈曲部に湿疹がでる。
  • □ 食べ物を食べた後、お腹が痛くなることがある、蕁麻疹がでる。
  • □ 果物や野菜を食べると口の中やのどがピリピリ・イガイガする。
  • □ 嫌いなものではないが、食べられないものがある。
  • □ 息苦しい時がある。(ゼーゼー・ヒューヒュー)
  • □ 咳が8週間以上続くことがある。
  • □ 家族にアレルギーの人がいる。
検査料金(税別)

Viewアレルギー39検査・・・ 14,000円